しくいちの散歩道

Twitter:@491mhz(活動的な時間帯:夕方~深夜)

受信する電波について

私がよく受信する電波について軽く解説します。

ここでの内容はあくまでもラジオ・テレビの放送波に関してのみの解説です

中波ラジオの受信風景

中波(一般的にはAMラジオ)


中波放送は一般的にAMラジオと言われています。

カーステやラジカセでおなじみですね。

よく使われてる周波数:522~1710kHz

変調方式はAMラジオとつくだけにAM(振幅変調)です

夜間は電離層の影響で遠くのラジオが聞けるのも中波の特徴

短波ラジオの受信風景

短波(別名:Shortwave)放送


短波放送はあまり対応しているラジオが普及していないので

あまり聞きなれないものでしょう。

競馬などをやっていた方なら

ラジオNIKKEIを受信していた方もいるかと思います。

それ短波放送です。

国内外の国際放送はこの短波がよく用いられます。

よく使われている周波数:2300~21950kHz

変調方式は中波ラジオと同じAM(振幅変調)です。

超短波放送の受信風景

超短波(主に:FMラジオ)


超短波放送は一般的にFMラジオで使用されています。

FMラジオはだいたいのカーステやラジカセなどで受信できます

FMラジオの特徴としては、音質や混信に強いところです。

よく使われる周波数:64~108MHz

変調方式はFMラジオとつくだけにFM(周波数変調)です。

※補足→従来のFMラジオは76~90MHz、

ワイドFMと呼ばれる放送は90~95MHz

余談ですが、超短波はVHFとも呼ばれています。

最近始まったi-dioと呼ばれるデジタルラジオも

分類上は超短波放送となります(99~108MHzを利用)

極超短波に用いられるアンテナの例

極超短波(主に:デジタルテレビ放送に利用)


超短波放送は一般的にテレビ放送で使用されています。

補足:極超短波=UHF

アナログテレビではVHF・UHF両方とも放送に用いられていましたが

現在の地上デジタル放送ではUHFのみで放送しています。

他の電波よりも極超短波(UHF)は直進性が強いのが特徴です

最近ではアニメ需要のため極超短波でのテレビの遠距離受信を

行われる方が多く感じられます。

よく使われる周波数:470~710MHz

地上デジタルテレビ放送に限れば変調方式はOFDM変調

受信する電波について

リンクについて

全頁リンクフリーです!
相互リンク希望の方は
メール・ツイッターまで!


詳しくは、>>こちら